ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

iRacing World Cup 2013年2次予選

iRacingは毎年、1年をかけておこなうクラブ(国・地域)対抗トーナメントが開催されるのですが、7月20日にその2次予選がありました。
ロード(StarMazda)とオーバル(LateModel)で開催されたのですが、私が参加したのはもちろんオーバルです(ロードの方は参加する時間がありませんでした)。

日本のゴールデンタイムのレースということもあって「強いアメリカ人さえいなければ勝てる!」と読んでいたのですが、なぜかばっちりKevin Burris(LateModelの超ベテラン宇宙人)も参加してたりして、グリッドに付く前に戦意を失いそうになったりもしました。
5番グリッドから順調な滑り出し。120周のレースをどうこなそうかと考えていると8周目にコーション。

コーションが明け、32周目の時点でトップ5はこの距離感。#2が私。いいですね、LateModelらしいレースです。

その後は後方集団が原因でのコーションが何度か。70周を超えた時点でリーダーのKevinとの距離はこの位置。

オーバーテイク出来ない位置ではないが、Kevinの実力からして必ず抜き返されるのは明らかだったので”同じペースで相手よりもタイヤをセーブ”作戦でコバンザメ。
しかしやはりKevinにはじわじわと差をつけられ、1度コーションで帳消しになるもラストスパートをかけた彼にかなうわけもなく、2位でフィニッシュとなりました。

完走を第一目標としていたので上出来な結果でした。レース後、アジアクラブキャプテンからも「good job!」とPMも頂いたので、期待された結果は出せたなと一安心。
今回の2次予選でのアジアクラブの活躍は目覚しいものがあったようです。もしかしたら、チャンピオンになれたり…?ファイナルまで頑張りたいですね。