ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

AUSCAR!

昨日何気なくHostedセッションの一覧を見ていると"AUSCAR"を冠したセッションがあったので飛び込んでみた。フォーラムでは何度か「AUSCARやってるよ〜」というポストは見たことがあって「やってみたいな」と思ってたものの、タイミングが合わず参加できていなかったので今回やっと。

トラックはKentucky。セットはシェアされていたのでそれで走る。
元々そうだったけども周回を重ねるごとにどんどんルースになっていくので「これはどうしたものか…」と思っていると、in-carアジャストが使えることに気がついたのでロールバー(だったかな?)をちょいちょいとイジってFIX。そこからペースをあげてトップをパス。

その後もリードを広げる。「飛び込みで勝っちゃって申し訳ないな…」と思ってると(周りは全員オーストラリア人だったので)、ファイナルラップでガス欠!

静かに車を止めました…。

そして今日。
知らない人からPMが来る。『Race Details』と書かれたそのメッセージは今日開催されるAUSCAR EXHIBISIONレースへの招待状。詳細やパスワードと共に「興味があったら来てね」とのメッセージ。昨日の走りを見て主催者が誘ってくれたらしい。これはうれしい!オージーって反日的なのかと思ってたけどそうでもないんだね!鯨食っていい?
というわけで行ってきました。今回はBristol。

タイヤライフを重視したセットを作ったものの、度重なるコーションで戦略は台無しに。34台もがあんな狭いところで走ればそりゃあ、ね…。
数ラップを残した最後のリスタートで3位につけていたものの、瞬発力のある他のドライバーにかわされ5位フィニッシュ。

ドアミラーが弾け飛ぶようなバトルもあって熱かった!

ロード用のV8 Supercarオーバル用にセットするのもなかなかおもしろく、ポジキャンがわずかしかつけられないのでどうやって対策しようかとか、前後のバランスやクロスウェイトの調整の試行錯誤も楽しかった。
オージーのコミュニティはこのシリーズを今年から正式にスタートさせるため、昨年末からいろいろ準備してた模様。Bristolの予選もわざわざ予選用のセッションを立てて、システムおまかせで走らせるのではなく主催者が出走順に「はい次○○さん走って。」とコールしてたのも雰囲気がよかったし、しっかり運営されてる感じがしましたね(リアルAUSCARファンが集まってる?)。
是非レギュラー参戦してみたいのですが、時差の問題で難しそうなのが残念です。