ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

C.A.R.Sはどこへ向かうか

Slightly Mad Studios制作の『C.A.R.S』がリリースされていたので早速飛びついてみました。相当な不安はありましたが、お値段10ユーロということで失敗してもビールとツマミ代を失ったと思えばいいや…と。

コンテンツの内容

今プレイ可能なのは、トラックがImolaとWatkins Glenの2つ、車はGTカー2台、フォーミュラ4台、Radical(かな?)の2台となっています。ImolaとかRadicalとか書きましたが、権利関係によるのか実際は架空(?)の名前になっています。あまり車に詳しくないので元の車両の名前が私はわからないんですが、気になる方は適当にググってみてください。たぶん、映画の『CARS』ばかりヒットすると思いますが。

プレイした感想

まずはグラフィック。たしかに綺麗です。綺麗ですが写実的な綺麗さではなく、油絵のようなコッテリしたテイストで”過剰演出”感があります。パッと見はSHIFT2と変わらないですね。

サウンドは期待してましたが、「こいつはすげぇ」と言えるほどのものでもありませんでした。いい音源を上手く調律してそこそこ迫力出すのに成功しましたレベル、と言えばよいでしょうか。ノイジーなところやランダム性やメカっぽさがないのでイマイチ「今俺はすごい車に乗ってるんだ!」という興奮が味わえません。
一番マイナスに思ったのはFFBです。荷重移動もタイヤのグリップも路面の感触も伝わってきません。ここはSHIFT2とほぼ変わりがないです。車を速く走らせるための参考情報としてFFBを使うことができません。FFBから車の状態を感じてリアクションしたり、操作に対して車がどうリアクションしたのかFFBから感じたり、というドライバーと車のやりとりがほぼ出来ません。レースシムで一番重要なところだと思うのですが…。

これからどうなる?

まだベータですからこれで見限ってしまうつもりはありません。フォーラムを見ていると、ブランズハッチ他いくつかのトラックと契約できたのでレーザースキャンをするというアナウンスがあったり、シムの基本部分の完成度を上げていく話も見えるので、これからの発展は期待できるでしょう。”Community Assisted”という名のとおり、コミュニティからの貢献も活発になればコンテンツも充実してくるでしょう。収益の一部は貢献したメンバーに還元するような仕組みになっているようなので、他シムのMODer達がどう関わってくるかもポイントになるでしょうか。

TIPS

「俺も10ユーロ捨ててみる(みた)!」という方のためにちょっとしたTIPSをまとめておきます。

  • モニタ解像度より小さい解像度を選択するとマウスカーソルがズレます。メニューで項目を選択するときは「ここかな?」と勘でクリックする必要があります。
  • メニューはマウスでスクロールしたりしなかったりするので、カーソルキーで選択するのが無難。
  • ロジのプロファイラでダンパーを50ぐらいに設定しておいて、ゲーム内の”Damper Saturation”を”1”に設定するのをオススメします。スッカスカのFFBが(SHIFT2みたいにセンター付近に謎の遊びがある)これで多少マシになります。なぜか設定画面から抜ける時にこの値が-1されるので、調整するときは+1で設定するとよいです。