ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

まだ「どうせrFactorの有料MOD」なんて言ってるんですか?―Game Stock Car 2013プレリリース

Game Stock Car 2013(以下GSC2013)のプレリリース版がリリースされました。これは、正式版のリリースを9月中に目指していたものの問題が発生しリリースが遅れるため、現時点のビルドを予約者向けに提供したもの、になります。
多少、グラフィックやサウンド周りでバグと思わしきものが散見されますが、正式版ではこれらも含めてフィックスが行われるものと思います。
GSC2013では9つのカテゴリのレースを楽しむことが出来ます。

タイトルが「Game Stock Car」なだけに、Stock Car Brazil以外はオマケかと思っていると「F3が神挙動…!」とか「Miniめちゃんこ楽しい!!」とか「カマロでドリフトI caaaan't stooooop!!」といった声も聞こえるあたりはReizaさん、タイトルの付け方間違ったね?と言わざるを得ないGSCシリーズでございます。私自身はStock Car BrazilでAIとお互いにカナードを飛ばし合いながらバッチバチのバトルをするのがお気に入りです。
Physicsについては文句の付けようがありません。リアルだーとか非リアルだーなんてつまらない論争はGSC2013の前では無用です。ただただ”走って楽しい”。きちんとFFBを「速く走るためのインフォメーション」として使えます。GPL以降満足出来るシムが世に出てこないことに怒り、ISIに噛み付き、今でもiRacing相手に本気の議論を交わすReiza Studiosの挙動担当、Niels Heusinkveldの腕は伊達ではありませんね。
前作から大きく変わった点の1つとして、時間経過が実装されました。レースの開始時間とタイムスケールを設定することが出来ます。

ヘッドライトがある車はちゃんとヘッドライトを使えます。光り方も見る角度によって変わり、なかなかのリアリティです。

グラフィックはさすがに現代のモダンなシムには及びませんが、必要十分なクオリティだと個人的には思います。

どの車も走って楽しくハズレ無し、そんなタイトルが$24.90。お買い得です。