ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

燃費レース

Nationwide@Michigan。1レース目はいつも通りタコ踊りした車に弾かれてリタイヤしたので、2レース目に集中して挑む。
最初の数ラップでトップがどんどん逃げて行くので「よくて2位、3位かな」と思っているとトップとの差がジリジリ縮まって来る。どうやらタイヤを酷使し過ぎたようだ。優勝の可能性が見えてくる。
折り返しの50数周を残したところでイエロー。2番手でリスタート後トップに立ち、2位との差を広げて行っているところで思った。

ガス足りるかな…

フルタンクで52、53周程度だったはずだけど、コーションのタイミングが微妙だった。残量を確認すると、1、2周分余分があるようだ。

よかったよかった。

しかしやっぱり気になる。ラスト1周でガス欠という経験はもうしたくない。2位との差も気にしつつ、コントロールラインを通過する度に残量を確認すると、余分が0.8周分、0.6周分、と減っていく!これはマズい!
ターンの進入でスロットルを抜くの早め、立ち上がりでも遅めに加速する。それでも燃料事情はあまり良くならない。仕方がないので2位と3位のパックを前に行かせ、3位のポジションで前の2台に風を切らせる。すると燃料が減り止まり、少しずつ余剰分が増えて行く。
問題はいつこの2台を抜くかだ。早過ぎればガス欠、遅ければ3位のまま。
燃料計とにらめっこしながらの周回が続く。スポッターが「燃料はあと5周分だ!足りないよ!」と叫ぶ。ギリギリまで我慢し、残り2周になったところで仕掛ける!2位のインを刺すが、タイヤも辛く刺しきれない!3位に戻り、ラスト1周!チャンスをうかがうがやはりタイヤがついてこない!そのままフィニッシュ!
もう1ポジションアップしたかったけど、非常に濃い3位で満足。完走できたのは16台中上位6台だけという、過酷な燃費レースでした。