ゲームは嫁と子供が寝てから。

嫁さんに怒られるのでコッソリ遊びます。

STAR MAZDAデビュー戦

買ったばかりのSTAR MAZDAで試走してみたところ、フィーリングはかなり良く、レスポンスがクイックなのと限界を超えたときの挙動にさえ気をつければ不慣れでも遅いなりにレースは出来そうだ、と感じたので早速3:30のレース、Road Americaにエントリー。
ところが、レース開始のカウントダウンが0:00になったところでJOINボタンは緑にならず、「おや?」と思いながらメンバーサイトをリロードすると「メンテナンス中」の表示…。うおおおお!
「予告してたっけ?すぐ戻るかな」…戻らない。しかたないのでiRacerのブログ巡りをして時間を潰す。「そろそろかな?」と思い再度リロード。しかしまだ復帰しない。せめて練習が出来れば…と考えブラウザをオフラインモードにしてメンバーサイトを表示する。よしよし、TESTボタンをクリック!…ダメか!エラーが出る。じゃあCar Infoでも読んでるよと思いSTAR MAZDAの情報を表示!…ブラウザがキャッシュしてない。せめてこのページだけオンラインになってないかな?と思いブラウザをオンラインに。…あ!復旧してる!
あわててレースにJOIN。とっくにレースは開始になってるようでピットからスタート。とりあえず経験積めればいいやと1周走ってくると、コントロールラインでスポッターが「OK!あんた1位だぜ!」と叫ぶ。え?
どうやら復帰後一番乗りが私だったらしく、先に走ってるように見えた他のドライバーは今から走るところらしい。これはSTAR MAZDAデビューウィンのチャンス!必死で逃げる!

5週走ったところで2位との差は30秒。2:08.xxxで走行しているが、1周あたり大体2秒ずつ詰められているようで、残りが15週ということを考えるとかなり微妙。とにかくミスをしないようにと慎重に走っても、ついさっき買ったばかりの車をそんなに上手く走らせられるわけがなく、微妙なスピンやコースオフを繰り返す。なんとかマシンに慣れてきた頃に、今度はタイヤの磨耗という困難が襲いかかってきた。ブレーキング距離が伸びるのはまだ対処できる。しかし、路面のバンプやクレストを超えたときのマシンの荷重が抜ける瞬間が怖い。グリップは「ススー…」と抜けていくが、戻るときはバン!っと戻る。これが怖い。
マシンの前後バランスも変わってきた。特にこの4速で大きく右に回るコーナー。

10周ぐらいまでのグリップがあるうちはアンダー、15周ぐらいになるとオーバーに変わってきた。
そして事件は起きる。18周目で↑のコーナーの先。

バンプでマシンが跳ねリアがスライド。あわててカウンターを当てると同時に、

グリップが回復してしまい、2輪で言うハイサイドに!(4輪では何て言うんでしょうか?)

がっしゃーん。
「あと少し、優勝の可能性も!」というところで無念のリタイアとなりました。やっぱりちゃんと練習しないとダメですね。